スキルスタンダード研究所は、各業界へのスキル標準の活用・推進、プロフェッショナル人材育成に向けたコンサルティングサービスを提供します。
ITスキルスタンダード研究所
スキルスタンダード研究所についてニュースサービスドキュメントコラムお問い合わせ
コラム
キーワード:
スキル標準に関するコラム(読み物)です。

スキル標準について
第252話:スキル標準の歴史とiCD & ITSS+ 〜その5
 最新のスキル標準であるiCDやITSS+は、「企業」での活用が基本です。これまでもITSS、UISS、ETSSなど旧スキル標準についても、多くの企業が活用してきました。これらスキル標準の策定経緯や活用について、振り返ってみたいと思います。また、DX推進を見据えたいiCD & ITSS+ の活用方法についても深堀していきます。
第251話:スキル標準の歴史とiCD & ITSS+ 〜その4
 最新のスキル標準であるiCDやITSS+は、「企業」での活用が基本です。これまでもITSS、UISS、ETSSなど旧スキル標準についても、多くの企業が活用してきました。これらスキル標準の策定経緯や活用について、振り返ってみたいと思います。また、DX推進を見据えたいiCD & ITSS+ の活用方法についても深堀していきます。
第250話:スキル標準の歴史とiCD & ITSS+ 〜その3
 最新のスキル標準であるiCDやITSS+は、「企業」での活用が基本です。これまでもITSS、UISS、ETSSなど旧スキル標準についても、多くの企業が活用してきました。これらスキル標準の策定経緯や活用について、振り返ってみたいと思います。また、DX推進を見据えた活用方法についても深堀していきます。
第249話:スキル標準の歴史とiCD & ITSS+ 〜その2
 最新のスキル標準であるiCDやITSS+は、「企業」での活用が基本です。これまでもITSS、UISS、ETSSなど旧スキル標準についても、多くの企業が活用してきました。これらスキル標準の策定経緯や活用について、振り返ってみたいと思います。また、DX推進を見据えた活用方法についても深堀していきます。
第248話:スキル標準の歴史とiCD & ITSS+ 〜その1
 最新のスキル標準であるiCDやITSS+は、「企業」での活用が基本です。これまでもITSS、UISS、ETSSなど旧スキル標準についても、多くの企業が活用してきました。これらスキル標準の策定経緯や活用について、振り返ってみたいと思います。また、DX推進を見据えた活用方法についても深堀していきます。
第247話:MBOと成果主義 〜その2
 DXのためのiCD&ITSS+の活用も大事ですが、前回から2回にわたって、そのベースとなるところのお話しをさせていただきます。
 日本企業で多用されている成果主義、MBO(Management By Objectives thru/and Self control)は、誤解されている場合があります。成果主義の考え方、さらにキャリアデザインとの関係、「リーダ」についてなど、理解するための重要事項を整理してみました。
第246話:MBOと成果主義 〜その1
 DXのためのiCD&ITSS+の活用も大事ですが、今回はそのベースとなるところのお話しをさせていただきます。
 日本企業で多用されている成果主義、MBO(Management By Objectives thru/and Self control)は、誤解されている場合があります。成果主義の考え方、さらにキャリアデザインとの関係、「リーダ」についてなど、理解するための重要事項を整理してみました。
第245話;“組織のあるべき姿”を見据えた人材育成プランが必要! 〜その3
 ユーザー企業・IT部門の弱体化が指摘されるようになって久しくなります。近年はシステムの構築・運用のみならず、企画までをも一括してITサービス企業にアウトソーシングするケースが増えており、一部の企業には、「このままではIT戦略を実現できる人材が育たなくなる」という危機感も芽生え始めてきました。また、人手不足、および世界的な景気後退の影響で様々なコスト削減のプレッシャーも高まっています。その上にDX推進による新たな考え方の導入にも迫られています。
 IT部門のあるべき姿を見据えた人材育成を行うためには、どういった点に考慮すべきであるかを明らかにした上で、スキル標準の活用法を提示したいと思います。
第244話;“組織のあるべき姿”を見据えた人材育成プランが必要! 〜その2
 ユーザー企業・IT部門の弱体化が指摘されるようになって久しくなります。近年はシステムの構築・運用のみならず、企画までをも一括してITサービス企業にアウトソーシングするケースが増えており、一部の企業には、「このままではIT戦略を実現できる人材が育たなくなる」という危機感も芽生え始めてきました。また、人手不足、および世界的な景気後退の影響で様々なコスト削減のプレッシャーも高まっています。その上にDX推進による新たな考え方の導入にも迫られています。
 IT部門のあるべき姿を見据えた人材育成を行うためには、どういった点に考慮すべきであるかを明らかにした上で、スキル標準の活用法を提示したいと思います。
第243話;“組織のあるべき姿”を見据えた人材育成プランが必要! 〜その1
 ユーザー企業・IT部門の弱体化が指摘されるようになって久しくなります。近年はシステムの構築・運用のみならず、企画までをも一括してITサービス企業にアウトソーシングするケースが増えており、一部の企業には、「このままではIT戦略を実現できる人材が育たなくなる」という危機感も芽生え始めてきました。また、世界的な景気後退の影響で人件費をはじめとするコスト削減のプレッシャーも高まっています。その上にDX推進による新たな考え方の導入にも迫られています。
 では、そうした状況の中で、優秀な人材を育てて強いIT部門を実現するために、CIOや責任者はどのようなアクションをとるべきでしょうか。
IT部門のあるべき姿を見据えた人材育成を行うためには、どういった点に考慮すべきであるかを明らかにした上で、スキル標準の活用法を提示したいと思います。
第242話;;DXの推進に向けた人材戦略はiCD & ITSS+を有効活用すべき! 〜その4
その3まででDX概要、およびその推進による様々な変化、及びそのためになにをしなければいけないかについてお話ししてきました。そうはいっても現状は問題なく守らなければいけない、という現実もあります。
 そのためには、単なる見える化だけではなく、戦略的にiCD、ITSS+を活用する必要があります。
第241話;;DXの推進に向けた人材戦略はiCD & ITSS+を有効活用すべき! 〜その3
 その1、2でDX概要、およびその推進による様々な変化をお分かりいただけたと思います。過去の延長線上にはない世界が見え隠れしてきました。そうなってから、さてどうしようかと考えるのでは遅すぎます。
第239話;DXの推進に向けた人材戦略はiCD & ITSS+を有効活用すべき! 〜その1
 iCD & ITSS+ をどう使っていくかを論じる前に、DXにより凄まじく変化しつつある環境について、しっかりと理解しておく必要があります。
第238話:DX時代への新たなチャレンジ 〜iCD & ITSS+
 DXによる新しい時代へのシフトが始まっています。今までITSS、UISS、CCSF、iCDと続けてきたスキル標準の活用についても、大きく見直すべきタイミングに来ました。
▲ページトップへ
 サイトの利用について | プライバシーポリシー | 情報資産管理方針 |
トップページへ戻る